彼がしなければいけないことはすっかり変わっている

f:id:hikri:20180111160105j:plain

 男性はいったん目標を達成してしまうと、そこにたどり着くまでにしてきたことは繰り返さない。仕事の上で男が階段を上がっていく、つまりキャリアを積んでいくにしたがって、彼が努力して勝ち得た信用と信頼に釣り合った新しい仕事が任され、責任も増してくる。

 

 そこへたどり着くまでにしてきたことを、彼はもう省みなくなる。すでにド積み期間は終わっているからだ。一生懸命に働き続けはするが、彼がしなければいけないことはすっかり変わっている。

プロに注文した“マリリン・モンロー”ケーキ、仕上がりに愕然(英)

イギリスでこのほど家族のために注文した誕生日ケーキが、プロのケーキ職人が手掛けたとは思えないほど残念な仕上がりだったことが話題になっている。『StoryTrender』などが伝えた。

 

英スコットランドのグラスゴーに住むエリン・ヒューズさん(Erin Hughes、26)は、義母リンさんとともに義理の姉アマンダさんのための誕生日ケーキを注文した。30歳になったお祝いとしてマリリン・モンローの顔が描かれたケーキをケーキ職人に依頼したのである。

 

そしてアマンダさんの誕生日当日、ケーキをリンさんが受け取りに行ったのだが、エリンさんはFaceTime(ビデオ電話)でリンさんから連絡が来た。そこで仕上がった“マリリン・モンロー”ケーキを見せられたエリンさんは思わず言葉を失った。

 

白いアイシングで覆われた丸いケーキの表面には、何者か分からない似顔絵が描かれていたのだ。ケーキの代金45ポンド(約6,800円)はすでにリンさんが支払っていたが誕生日会当日ということもあり、急いでスーパーに行き代わりのケーキを20ポンド(約3,000円)で購入したという。

 

エリンさんは当時のことをこのように振り返っている。

 

「私は家族のために時々ケーキを焼きますが、マリリン・モンローが描かれたケーキを作るのは難しいと分かっていたのでプロに任せようと決めていました。しかし義母から見せられたケーキを見て、私の5歳の娘のほうがましなケーキを作れると思いました。」

 

結局この“マリリン・モンロー”ケーキはアマンダさんの誕生日会で誰も口にすることは無かったが、翌日に小さくカットして義父が職場に持って行き、同僚に振舞ったそうだ。

 

当初は45ポンドの価値も無いケーキだと愕然としたエリンさんだったが、それを笑いに変えるためFacebookにケーキの写真を投稿し、誰が描かれているかを当ててもらうことにした。しかしマリリン・モンローをイメージしたケーキだと気付く者はいなかったという。

 

今回アマンダさんのために購入したケーキの支払いは合計65ポンド(約9,800円)になってしまったが、義父の同僚たちによる味の感想も気になるところだ。

パートナーがあまりにたくさん不満を抱えていることくらい

 実際にまったくないわけではないが、万事うまくいっているように振る舞おうとする。一つ不満があるとすれば、パートナーがあまりにたくさん不満を抱えていることくらい。

 

 男はいわゆる「楽観的な態勢」をとっていれば何とかなるさ、と信じているのだが、皮肉なことに、女性にとっては、この「楽観的な態勢」というのがカンにさわるのである。彼が問題なし、万事順調という態度だと、それについて何も言い出せなくなってしまう。

f:id:hikri:20171130124046j:plain

彼も気に人るかどうか調べてみるといい

f:id:hikri:20171120160646j:plain

 これから述べるテクニックは、「プティックに並んでいるいろいろな服」と考えてほしい。好きなものを選んで試着し、あなたの好みに合えば、それをパートナーに試してみて、彼も気に人るかどうか調べてみるといい。

 

 いったんテクニックのコツが飲み込めたら、それが第二の天性になって、愛する人を支えられるようになるはずだ。そして、いずれはあらゆる人間関係に生かしていけるようになる。女性には、話を切り出す前にさりげなくバートナーにこうしてほしい、と伝えるテクニックをマスターしてほしい。

ステラ・マッカートニー×アリシア・キーズ、乳がん意識向上キャンペーン展開

  今月2日、米歌手アリシア・キーズ(Alicia Keys)と英デザイナーのステラ・マッカートニー(Stella McCartney)がタッグを組み、白人女性よりも乳がんによる死亡率が高いアフリカ系アメリカ人女性に向け、新しい乳がん意識向上キャンペーンを発表した。
 
 1998年に56歳という若さで母親を乳がんで亡くしたステラは、今回発表するピンクのランジェリーセットの売り上げの一部を、ニューヨーク(New York)・ハーレム(Harlem)にある無料検査を実施しているメモリアル・スローン・ケタリング ハーレム乳房検査センター(Memorial Sloan Kettering Breast Examination Center)へと寄付する。
 
「私はハーレム出身で、母親は元乳がん患者だったから、とても共感できる」とキーズはキャンペーンビデオの中で話した。「タブーを打ち破り検診を受けるよう、皆さんに勇気を与えたい」。統計によると、早期発見や予防プログラムを受けることが難しいため、アフリカ系アメリカ人女性は白人女性に比べガンによる死亡率が42%も高いのだとアリシアは語る。
 
 自身のブランドのファッションショーのためにパリ(Paris)を訪れていたステラは、「残念ながら母を19年前、乳がんでなくしました。母は私の子供たちに会えなかった」とコメント。ステラは以前にも、モデルのケイト・モス(Kate Moss)やカーラ・デルヴィーニュ(Cara Delevingne)、コメディアンのチェルシー・ハンドラー(Chelsea Handler)が先頭を飾るキャンペーンを3年連続打ち出している。
 
 また、今回のキャンペーンで得られた収益の一部は、英国王立リバプール大学病院(Royal Liverpool University Hospital)にあるガン患者とその家族を支援するリンダ・マッカートニー・センター(Linda McCartney Centre)へも寄付される。

男はそれ以上与えることをやめてしまう

 こうした仕事の上で評価される〝有能さ〞はすべて女らしい心を貧しくしてしまうのだ。女性は生まれっき喜んで与えるようにできているが、同時に与えてもらわなければならない。

 

 与えているのに返ってくるものが何もないと、もっともっと与えようとし、しまいには力尽きて空っぼになり、根みを抱くようになる。これが男性と女性の大きな違いである。一般に、男は疲れると問題を忘れてゆっくり休もうとする傾向がある。求めていた手助けが得られなければ、男はそれ以上与えることをやめてしまう。

f:id:hikri:20171030153336j:plain

自分の欠点をしっかり見つけ出すことも大人への自覚です

f:id:hikri:20171020114257j:plain

  自分の欠点をしっかり見つけ出すことも大人への自覚です。肌荒れがひどい人なら、皮膚科できちんとしたお手入れ法を学ぶ。太っていることで容姿に白信がないのなら、即、ダイエットに励むことです。仕事も然りです。

 

  四○パーセントの能力しか発揮していないとわかっていてオフィスに向かうのは、会社に対しても自分自身に対しても失礼なことでしょう。人は誰しも役割というものを与えられているのです。そのための報酬だってきちんと受けているはずです。