日常生活を気をつけて過ごすだけで免疫はついてきます

f:id:hikri:20181023174318j:plain

 Oggi世代はWで減って年代。何も気をつけていないと免疫は減り続け、不調が増えるのは、ある意味当然。30代はもうメンテナンスが必須。とはいえ、特別なことをしなくても、日常生活を気をつけて過ごすだけで免疫はついてきます。

 

 体温を上げること、食生活に気をつけ腸内環境を整えること、ストレスを溜めないようにきちんと休むことの3つに気をつけてみて! 香りとイメージは結びつきやすいので、目ざす女性像に近い香りが理想。トム・フオードは独特の温かみのあるスモーキーな香りで、驚くほど周囲に褒められます!

お手本をなぞる書き込み式の練習帳にも向いています

    グリップのくぼみが指先にフィットして、自然と正しい持ち方と角度に導いてくれる一本。一見た目の太さのわりに小回りが利くため、お手本をなぞる書き込み式の練習帳にも向いています。でしょ~。

 

    絶対、怪しいパターンだよね、それは。「寝てる」って答えの方が好感度高いでしょ。いや。それ、計算でやってたら、一番ダメなパターンでしよーずる賢いじゃん。あ。そういうこと?一周回って、アウトって感じ?まあでも土日に女子が連絡してくるのは、少なからず好意があるからだと思っていいんだよね?

6月と12月にコレクションを発表すると決断したのだ

f:id:hikri:20180822145531j:plain

 モデルたちが私服として愛用するアーバン・シックなスタイルを提案し、ニューヨークを代表するデザイナーの一人、アレキサンダー・ワン(Alexander Wang)は今回一大決心をした。ショーを2月と9月に行う従来の枠からは外れ、6月と12月にコレクションを発表すると決断したのだ。

 

 ワンの決断は、「プロエンザ スクーラー(Proenza Schouler)」と「ロダルテ(RODARTE)」がパリのオートクチュール・コレクションへと、「アルチュザラ(Altuzarra)」がパリコレクションへと発表の場を移したことに続いた。

 

「効果のないことをやる理由がない」と話すのは「アレクサンダー・ワン」の最高戦略責任者、ステファニー・ホートン(Stephanie Horton)。「消費者が変化したのであればビジネスモデルも変えなければいけない」と最近ニューヨークで開催された業界イベントで語った。

 

 米国ファッション協議会(CFDA)のスティーブン・コルブ(Steven Kolb)プレジデント兼CEOは、他のデザイナーもこの流れに乗る可能性があると予想。「しばらくは混乱が続くかもしれない。しかし混乱もいつかは落ち着く」と同じイベントで語った。

時代の変動を知る手がかりが陰されていることもある

f:id:hikri:20180413165339j:plain

 絵に込められた人々の思いは、その絵を読み解くことによって現在に蘇らせることが可能になるはずである。一方、当時は当たり前のように描かれた人物像や情景に、時代の変動を知る手がかりが陰されていることもある。

 

 これら恐るべき絵を読む営為は、知的好奇心にあふれる作業に遠いない。まるでミステリーを読しように、たった一枚の絵から、その時代の背景や出来事が起こったトリック、そこに生きた人々の心情までもが浮かび上がってくるであろう。

血の付いたカップでドリンクを提供

世界各地にチェーン店を持つ「スターバックス」。その人気は誰もが知るところとなっているが、このほど米カリフォルニア州にあるサンバーナーディーノ店が2016年にある問題を起こした件で、同州に住む一家が法的措置に踏み切ったことをロサンゼルスを拠点とする弁護士事務所「Frish Law Group」が発表した。『CBS Los Angeles』『NY Daily News』『KTLA』など複数メディアが伝えている。

 

2016年2月6日、カリフォルニア州サンバーナーディーノに住むアマンダ・ヴァイスさんと夫ルイスさん、夫の母ロンダ・エイグレスさんは、スターバックスのドライブスルーで複数の飲み物を購入し家に持ち帰った。

 

アマンダさんがフラペチーノを一口飲んだ時、強い鉄の臭いがしたことに気付き、よく見てみるとカップ内側の縁に赤い染みがついていることに気付いた。染みはアマンダさんの飲み物だけでなく、他のカップにもついていたという。家族と飲み物をシェアしていた娘のペイトンちゃん(2歳)は、蓋についたホイップクリームをすでに舐めており、その赤い染みが血液だとわかったアマンダさんは驚愕した。

 

一家は、自分たちの誰も出血していないことを確認した上で店に電話をすると、スタッフのひとりが出血していたことを別のスタッフから聞き、更にショックを受けた。店側はアマンダさんから連絡を受けてそのスタッフを接客担当から外したが、アマンダさんは他人の血液が付着した飲み物を手渡され、それを家族が口にしてしまったことに対して心配し、苦情を伝えた。

なかなか別の方向に向きを変えられない

  はじめ、ロジャーは渋ってぶつくさ言った。波女は彼がれャなことをゃらされていると根に持つのではないか、とゃきもきしていたが、私は、大丈夫、ぶつくさ言うのはいい兆候なのだと言い聞かせた。そして彼女に、そしてあらゆる女性に覚えておいてもらいたいことを説明した。

 

  男がぶつくさ言うのは、彼女の頼みを真剣に考えている証拠である。彼はちょうど新しい目的にギアを変えているところなのだ。男は目操達成志向なので、ある方向をめざして走っていると、なかなか別の方向に向きを変えられない。

f:id:hikri:20180212175036j:plain

彼がしなければいけないことはすっかり変わっている

f:id:hikri:20180111160105j:plain

 男性はいったん目標を達成してしまうと、そこにたどり着くまでにしてきたことは繰り返さない。仕事の上で男が階段を上がっていく、つまりキャリアを積んでいくにしたがって、彼が努力して勝ち得た信用と信頼に釣り合った新しい仕事が任され、責任も増してくる。

 

 そこへたどり着くまでにしてきたことを、彼はもう省みなくなる。すでにド積み期間は終わっているからだ。一生懸命に働き続けはするが、彼がしなければいけないことはすっかり変わっている。