読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

部下と同列にある

f:id:hikri:20170419152042j:plain

  したがって、親しみを示すためには、上司のほうから働きかけていかなくてはならない。上司と部下の間にある障壁を取り除いて、快適な人間関係を築き上げるのは、上司の役目である。

 

  まず、上司のいる上のほうから、部下のいる下のほうへと、下がっていく姿勢が必要だ。自分のところに部下を呼びつけてから指示を与えたりするのが普通であるが、ときどき自分のほうから出向いていってみる。「部下と同列にある」という演出をすることによって、親しみを表現する。

刻々と移りゆく現在を楽しまなくてはならない

f:id:hikri:20170519124443j:plain

  しかし、酒飲みは酒に関しては意地汚い。「できるだけ多く飲みたい」と思う。自分の酒量の限度を知っていても、そこでやめることができない。飲みすぎると健康に障害が出てくるので、家族としては、将来に視点を置いて、酒飲みにストップをかける。

 

  「現在」の楽しみを途中でやめさせることになるが、そのかわり、健康という「将来」の楽しみを確保しようとする。したがって、人生を楽しむためには、刻々と移りゆく現在を楽しまなくてはならない。

「韓国から夕食会への招待なかった」 米国務長官発言が物議

 ティラーソン米国務長官が、17日に来韓した際に尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部(省に相当)長官と夕食を共にしなかった理由について「そもそも韓国側がわれわれを夕食会に招待していない」と述べ、論議を呼んでいる。ティラーソン長官は18日、中国行きの専用機内でのインタビューで「韓国ではティラーソン長官が疲労を理由に夕食会をキャンセルしたとの報道が出ているが、何があったのか」との質問を受け、このように答えた。

 ティラーソン長官は16日、日本で岸田文雄外相との会談に臨んだ後に夕食会に出席し、18日には中国でも楊潔チ(チ=竹かんむりに褫のつくり)国務委員(外交担当)との会談後に夕食会に臨んだ。尹長官だけがティラーソン長官と夕食を共にしなかったため、その理由についてさまざまな憶測が流れた。一部メディアは、韓国政府関係者の言葉を引用し「ティラーソン長官は疲労のため夕食会を断った」と報じた。

 これについてティラーソン長官は「(韓国は私を招待しなかったが)最後の瞬間に韓国側が(夕食を共にしなければ)対外的にイメージがよくないということに気づき、私が疲労のせいで夕食会を断ったというコメントを発表した」と述べた。「韓国側がうそをついたということか」との質問に、ティラーソン長官は「いや、ただそのように説明した」と話した。また「私は昨日(疲れて夕食会に出なかったのではなく)夕食を食べた。私たちが何をするのか、またはしないのかは招待する国(韓国)が決める」と述べた。

 米国の要人が来韓した際には、特別な事情がない限り、韓国側が昼食会または夕食会に招待するのが一般的だ。今回は米国の新しい国務長官が初めて来韓するということで、韓国外交部は当然、夕食会に招待したが、何らかの理由により米国務省内で話がティラーソン長官に伝わらず、夕食会が実現しなかったと推定される。ある外交筋は「元実業家のティラーソン長官は、外交上の慣例を知らずに発言した可能性が高い」と指摘した。

 韓国外交部は19日「夕食会の日程について、やりとりが混乱した可能性がある。必要なら(米国側から)今後、適切な説明があるものとみられる」と説明した。

裏山でとったわらびと庭にできたうどの新芽を送った

f:id:hikri:20170320124029j:plain

  中に手紙と木炭が人っている。その手紙には、一緒の食事が楽しかったことを感謝したあとで、「裏山でとったわらびと庭にできたうどの新芽を送った」と書かれていた。それに、木炭であく抜きをする方法まで簡単に説明してくれていた。

 

  その家のタ食の食卓に、田舎の色とにおいと味が「色」を添えたことは、曾うまでもない。当然のことながら、タ食後の電話の内容は、家族で田舎の味を楽しんだという報告と、再会の約束である。まさに、旧交が温められ、お互いの心の中に、満たされた感慨が統いていく。

政治・経済学者の意見までも引き合いに出したりする

    普通の学校と同じように、悪い人物を育ててしまう場合もあるかもしれない。しかし、結果がよかれあしかれ、人間を育てる能力が大きければ大きいほど、よい方向にその能力を伸ばしたときねうちのあるものになるだろう。このような考え方をすれば、早婚のよさは否定できない。

    あらゆることを考慮した上で、早婚は非常に望ましいものだと、自信をもっていいたい。早婚に反対の人々は、反対理由として種々の例をあげたり、政治・経済学者の意見までも引き合いに出したりする。

f:id:hikri:20170218125025j:plain

 

韓国地方議員「竹島に慰安婦像計画」のトンデモ行動

 韓国が、日本人の怒髪天を衝くような蛮行を企てている。日本固有の領土ながら、韓国が不法占拠している島根県・竹島(韓国名・独島)に慰安婦像を設置しようとしているのだ。韓国を自滅に追い込みかねない、邪悪な計画を進めているのが地方議員なのだから、開いた口が塞がらない。現実となれば、釜山の日本総領事館前に慰安婦像を新設したことで悪化した日韓関係は「氷河期」に突入しそうだ。

 聯合ニュースによると、京畿道(キョンギド)議会の議員34人が加入する「独島愛・国土愛の会」は16日、ソウル南方の水原(スウォン)市にある議会のロビーに募金箱を設けた。

 同会は昨年発足し、道議会で竹島への慰安婦像設置を提案した。今年上半期に議会に1体を設置し、ソウルの日本大使館前に慰安婦像が設置された日(12月14日)に合わせ、1体を竹島に設置する方針という。

 最大野党「共に民主党」所属で、同会会長の閔敬善(ミン・ギョンソン)氏は「日本大使館前に少女像が建てられて5年だが、真の反省どころか、歴史歪曲(わいきょく)や右傾化は依然続いており、独島を自分の領土と言い張っている」「独島と議会に少女像を設置し、生きた教育の場にしたい」と語った。

フランス料理の今を伺います!

  これなら構えることなく、リラックスして食事を楽しめそうです。ブロポーズのディナーや結婚披露宴でいらつしゃる方も多いので、知夏子さんもぜひ(笑)。ご来店を楽しみにしています。気になるトピックについて、Oggiモデルが専門家を取材する連載。

 

  今月は、オーブンから20周年を迎え、Oggi読者たちの憧れの的でもあるシャトーレストランをブ口デユースするフランス料理界の巨匠、ジョエル・ロブションさんに、フランス料理の今を伺います!

f:id:hikri:20161219120458j:plain